「おもろいやんけ」にご訪問いただきありがとうございます。
本ブログは、以下に移行いたしましたので、よろしくお願いします。
   http://omoroi.eishin-net.com/
以後、新しい記事は、そちらに掲載させていただきます。


目 次
 本ブログは、通常のブログのように順を追って読むと、恐らく混乱し、わけのわからないことになってしまいます。
 すべての記事は、下の目次で整理されています。
目次でご興味のわいたところを探していただけると、少しは読みやすくなると思います。

   ■少年サッカー編 目次へ     ■中学部活サッカー編 目次へ
   ■サッカー番外編 目次へ     ■かまたりの回想編 目次へ
   ■かまたりブログ編 目次へ    ■かまたりのおすすめ編 目次へ
   ■かまたりのたわごと編 目次へ ■かまたりの妄想編 目次へ
   ■小中学生の勉強編 目次へ

 作者プロフィール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読みたい方・おもしろかったと思っていただいた方は、
下のバナーをクリックしてください。
ninki

おもしろショップ「ユーイング」|-----|スポンサー広告||TOP↑
■8時18分 第2話「2週間前」

 2週間前、卓は、資料作成のために、少し早く出社するように上司に言われ、それでも寝ぼすけの卓は、いつもより一本早い列車に乗るのが精いっぱいだった。
そして、通路を走って会社に向かうとき、一人の女性を追い越した。そのとき爽やかな香りに、ふと振り返った。
「おっ、び・じ・んじゃん」
 一瞬立ち止まりそうになったが、上司の顔が浮かび、再びダッシュしていった。
 それから2,3日して、ふと、あの列車に乗れば…そんな思いが浮かんだ。あのときと同じ列車に乗り、同じ時間に通路を歩いてみた。すると彼女はずっと前にいた。卓は、時計を見た。
 8時18分だ。それは彼女がこの通路を歩いている時間だった。
 誰なんだろう?
 どこに勤めているんだろう?
 どこから乗ってくるんだろう?
 そんなことを考えながら、彼女を追い越し、チラッと顔を見ては会社に向かった。
 そんな日が数日続いた。
 いつも、彼女を追い越し、チラッと顔を見て、少し離れたところにある信号機を見る。
 「赤になれ、赤になれ」
 赤信号だと、信号を待っている卓の横に、偶然彼女が来てくれるときがあるからだ。しかし、この2週間で彼女が卓の隣に来てくれたのは、ほんの4回しかなかった。
 彼女が横に来たとき、ほのかなコロンの香りがする。風に髪が揺れ、まぶしいぐらいに見えた。
 「しめた、信号が黄色になりそうだ」卓は、歩く速度をわざと遅くした。すると、横を駆け抜けていく彼女の姿…彼女はそのまま信号を渡ってしまった。
 「あっ、しくじった」
 卓は必死で、自分の悔しい表情を抑えた。

「明日も会えるかな?」
卓は、そんな日々を楽しんでいるようだった。

続きを読みたい方・おもしろかったと思っていただいた方は、
下のバナーをクリックしてください。
ninki

おもしろショップ「ユーイング」|04-05|妄想編コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック

お気に入りに追加

★新 着★

プロフィール

おもろいやんけが本に!

「おもろいやんけ」が、今すぐ全部読める電子本になりました。どうかよろしくお願いします。

おもろいやんけ 第2段
「中学部活編」発売!

bukatu_hyoshi100_100.jpg

おもろいやんけ 第1段
「少年サッカー編」好評発売中!

おもろいやんけ少年サッカー編表紙


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

配信

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。