「おもろいやんけ」にご訪問いただきありがとうございます。
本ブログは、以下に移行いたしましたので、よろしくお願いします。
   http://omoroi.eishin-net.com/
以後、新しい記事は、そちらに掲載させていただきます。


目 次
 本ブログは、通常のブログのように順を追って読むと、恐らく混乱し、わけのわからないことになってしまいます。
 すべての記事は、下の目次で整理されています。
目次でご興味のわいたところを探していただけると、少しは読みやすくなると思います。

   ■少年サッカー編 目次へ     ■中学部活サッカー編 目次へ
   ■サッカー番外編 目次へ     ■かまたりの回想編 目次へ
   ■かまたりブログ編 目次へ    ■かまたりのおすすめ編 目次へ
   ■かまたりのたわごと編 目次へ ■かまたりの妄想編 目次へ
   ■小中学生の勉強編 目次へ

 作者プロフィール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読みたい方・おもしろかったと思っていただいた方は、
下のバナーをクリックしてください。
ninki

おもしろショップ「ユーイング」|-----|スポンサー広告||TOP↑
■8時18分 第5話「朗読」

取引先の受付で偶然会ってしまった彼女に、卓はいきなり
「今度の日曜日、もしご予定がなければ、一緒に映画へ行っていただけませんか」

仕事中に何度も何度も練習したフレーズだった。必死だった。途中でやめたら、一生後悔すると思った。すらすら口から出た。
しかし、それは小学2年生の朗読だった。

部長も課長もこれには驚いた。「お、おい…」二人は、ハモるように田嶋に言った。
彼女の両側にいた二人の受付嬢も、目を見開いて卓と彼女を見詰め、凍ったように動作が止まってしまった。

「懐かしい映画が、来るんですけど、それでもよろしいですか?」と受付嬢
卓「は、はい…何でもいいです」
「では…後ほど」と、受付嬢は、卓の名刺を返してくれた。

プレゼンが終わり、やり手女性課長との打ち合わせは無事に終わった。会議室を出て、二人の上司の後をついて歩いていた。二人の上司は何も言わなかった。

 1階に降り、受付の前を通らないとこのビルは出られない。
「参ったなぁ…彼女いたらどうしよう」卓は、期待とも不安ともとれない不思議な気持ちだった。
ちらっと受付を見た、彼女はいなかった。
「ふ~」卓は胸をなでおろした。

プレゼンのことは、何一つ覚えていなかった。
社に戻り、課長に呼び出しを食らい、別室でこっぴどくしぼられた。
課長は部屋を出るとき
「しかし、田嶋、お前なかなかやるな」とひとこと言い残して、ドアを閉めた。
一人になった卓は、ポケットから大事そうに名刺を取り出した。
自分の名刺に重ねて、彼女の名刺があった。池上佐代子さんっていうんだ。そしておもむろに名刺の裏を見ると携帯の番号が書いてあった!
「チョ~ラッキー!」ガッツホーズ
卓…全く反省の色はなし
続きを読みたい方・おもしろかったと思っていただいた方は、
下のバナーをクリックしてください。
ninki

おもしろショップ「ユーイング」|04-10|妄想編コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック

お気に入りに追加

★新 着★

プロフィール

おもろいやんけが本に!

「おもろいやんけ」が、今すぐ全部読める電子本になりました。どうかよろしくお願いします。

おもろいやんけ 第2段
「中学部活編」発売!

bukatu_hyoshi100_100.jpg

おもろいやんけ 第1段
「少年サッカー編」好評発売中!

おもろいやんけ少年サッカー編表紙


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

配信

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。