「おもろいやんけ」にご訪問いただきありがとうございます。
本ブログは、以下に移行いたしましたので、よろしくお願いします。
   http://omoroi.eishin-net.com/
以後、新しい記事は、そちらに掲載させていただきます。


目 次
 本ブログは、通常のブログのように順を追って読むと、恐らく混乱し、わけのわからないことになってしまいます。
 すべての記事は、下の目次で整理されています。
目次でご興味のわいたところを探していただけると、少しは読みやすくなると思います。

   ■少年サッカー編 目次へ     ■中学部活サッカー編 目次へ
   ■サッカー番外編 目次へ     ■かまたりの回想編 目次へ
   ■かまたりブログ編 目次へ    ■かまたりのおすすめ編 目次へ
   ■かまたりのたわごと編 目次へ ■かまたりの妄想編 目次へ
   ■小中学生の勉強編 目次へ

 作者プロフィール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読みたい方・おもしろかったと思っていただいた方は、
下のバナーをクリックしてください。
ninki

おもしろショップ「ユーイング」|-----|スポンサー広告||TOP↑
■もう一つの8時18分 第6話「天使のいたずら」

 翌朝、佐代子は念入りに身だしなみを整え、家を出た。
いつもより1本遅い列車に乗り、駅についてからも、いつもよりゆっくり歩いていた。ちらっ、ちらっと時計を見ながら。

 …8時29分…

 彼は来ない。周りは自分を追い越していく人ばかり、なのに彼は来ない。

 …8時30分…

 横断歩道についた。信号機は青が点滅していた、反射的に急いで渡った佐代子。彼の会社は信号を渡った反対側、今日は逢えなかった。

 信号は黄色に変わった。佐代子は信号待ちしている彼がいることには気づかなかった。

「ねえねえ、どうだった?」と映子が受付にいる佐代子のところにわざわざ仕事をさぼってやってきた。
 寂しそうなつくり笑いをしながら、首を横に振る佐代子に映子は、
「お昼一緒にね」と声をかけて戻っていった。

 ビルの4階のあるカフェでランチをとっている二人
佐代子「来なかったの」
映子「どうしたんだろうね、出張かもしれないよ」
佐代子「うん…」
映子「元気出してよ、1回ぐらいでうまくいくほど、キュンは甘くない」
佐代子「そうよね、でも明日はいつもどおり来る」
映子「どうしてよ」
佐代子「だって、忙しいんだもん、ぎりぎりどころじゃなかったもん」
映子「でもさ…」
佐代子「続くとまずいことになりそうだから、明日はいつもどおりで来るよ」
映子「そう」

 佐代子は、寂しかった。こんなに寂しいと感じたことはなかった。裏切られたような気もした。彼は何も悪いことしてないんだけど、でも、「どうして来てくれないのよ」って、言ってやりたい気持ちでいっぱいだった。

続きを読みたい方・おもしろかったと思っていただいた方は、
下のバナーをクリックしてください。
ninki

おもしろショップ「ユーイング」|04-25|妄想編コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック

お気に入りに追加

★新 着★

プロフィール

おもろいやんけが本に!

「おもろいやんけ」が、今すぐ全部読める電子本になりました。どうかよろしくお願いします。

おもろいやんけ 第2段
「中学部活編」発売!

bukatu_hyoshi100_100.jpg

おもろいやんけ 第1段
「少年サッカー編」好評発売中!

おもろいやんけ少年サッカー編表紙


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

配信

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。