「おもろいやんけ」にご訪問いただきありがとうございます。
本ブログは、以下に移行いたしましたので、よろしくお願いします。
   http://omoroi.eishin-net.com/
以後、新しい記事は、そちらに掲載させていただきます。


目 次
 本ブログは、通常のブログのように順を追って読むと、恐らく混乱し、わけのわからないことになってしまいます。
 すべての記事は、下の目次で整理されています。
目次でご興味のわいたところを探していただけると、少しは読みやすくなると思います。

   ■少年サッカー編 目次へ     ■中学部活サッカー編 目次へ
   ■サッカー番外編 目次へ     ■かまたりの回想編 目次へ
   ■かまたりブログ編 目次へ    ■かまたりのおすすめ編 目次へ
   ■かまたりのたわごと編 目次へ ■かまたりの妄想編 目次へ
   ■小中学生の勉強編 目次へ

 作者プロフィール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読みたい方・おもしろかったと思っていただいた方は、
下のバナーをクリックしてください。
ninki

おもしろショップ「ユーイング」|-----|スポンサー広告||TOP↑
■もう一つの8時18分 第8話「非ロマンチック」

 翌日
    不意に「彼」が佐代子を追い越した。
「え?」
チラッと自分を見たような気がした。

「うそ…わたしあくびしてなかった?」意外な感情だった。

彼は、そのまま前を向いて急ぎ足で行ってしまった。
一瞬立ち止まりそうになりながら、佐代子は体じゅうの力が抜けていくなかで、時計を見た。8時18分だった。

「なんで…もっとロマンチックとかないの?」

佐代子は受け付けにいた。
「池上先輩…先輩」
「えっ、はい、なに?」
「先輩どうかしたんですか?」
「えっ、何が?」
「だって…日誌、今の方、ナレッジの方じゃなくて、東邦金属の方ですよ」
「あっ…ごめん、ごめん…ハハハ」

受付業務…うわのそら

そして仕事が終わり…映子と居酒屋へ

佐代子「あ~お腹すいた。ここが一番落ちつく」
映子「ねえねえ、それでどうだったのよ」
佐代子「よくわかんない…わたしって、こんなにボーとした女だったっけ」
映子「あら、ぼんくらになったわけ?」
佐代子「わたし、生ビールとカレイの唐揚げ、それに大根サラダね」
映子「私も、生ね、それとタコブツといかげそフライと塩から、それに…」
佐代子「丸っきりおやじだね…」
映子「あら、じゃぁ、あたしィ~、ピザとかァ~頼もうかしら…これでいい…」
佐代子「ハハハ…いいよ無理しなくて、ごめんなさいね、ピザは要らないから」
「はい、ありがとうございました」と店員は笑いをこらえながら奥に行った。

佐代子「彼ね、チラッとわたしを見たのよ、うん、見た見た…」
映子「で、反応は?」
佐代子「あくびしていたかなって心配だった」
映子「あんたじゃないわよ、彼よ」
佐代子「う~ん、いい女だって」
映子「ほう…そろそろ帰るか」
佐代子「わかった、わかったわよ」
映子「人がせっかく真面目に聞いてやってんだからね、わかってんの」
佐代子「ごめん、ごめん…うん、見られたことは確かだと思うんだけど」
映子「でもさ、何で8時18分なのよ、それならずっと前から逢えているはずじゃない」
佐代子「うん…たまたま早かったのかな…」
映子「じゃあさ、明日だね!」
佐代子「何が?」
映子「もし、もしよ、明日、その時間に彼がまた来て、またチラッと見たら…勝ち!」
佐代子「そんなの偶然じゃない?」
映子「いやいや、それは違う」
佐代子「だから、そのおやじの話し方やめてよ」
映子「よいか、男とはそういうものじゃ、3日続いたら、おぬしの勝ちじゃぞ」
佐代子「3日か……」
映子「ねえ、突っ込んでくれないわけ?」
「おまち~」店員がビールと塩から、大根サラダを運んできた。
映子「それでは、明日からの3連戦に備えて、乾杯!」
佐代子「うん…いただきま~す。おいしい!」

 その夜、佐代子はいつもより念入りに念入りに肌の手入れをして、早めにベッドに入った。でも…寝付けない。
「お酒も飲んだのに…」

結局、朝方まで眠れなかった佐代子、何とかクマを化粧で隠しながら
「どうしよう、厚化粧嫌いだろうな~、このクマどうやって隠すか、下向いて歩くか…ニコッとかした方がいいのかな…」頭の中はぐちゃぐちゃだった。

 駅の改札口を出て佐代子はいつものように歩き出した。ただ、昨日とは比べものにならないくらい、緊張していた。自分でもそれは気がついていた。歩き方すら、ぎこちなく思えて仕方がなかった。

耳を澄まして、彼の足音を探した。
「きっと彼は後ろから私を追い越す、どの足音?」
雑踏の中の彼の足音を聞き漏らさないように、じっと神経を自分の後ろに集中し、耳を澄ましながら歩いた。
 コツコツコツ…少しリズムの早い音が近づいてくる。どんどん近づいてくる。

「彼だ…きっと彼だ。来た…」思わず、顔を上げた。

横を男が追い越していった。チラッと振り向きながら…

「彼だ」

 無意識に目をそらしながら、顔が熱い、真っ赤になっていくのがわかった。思わず下を向いてしまった。
 彼は、そのまま早足で行ってしまった。

「ふぅ~ニコッなんてできるもんじゃないわなねぇ~」

続きを読みたい方・おもしろかったと思っていただいた方は、
下のバナーをクリックしてください。
ninki

おもしろショップ「ユーイング」|04-27|妄想編コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック

お気に入りに追加

★新 着★

プロフィール

おもろいやんけが本に!

「おもろいやんけ」が、今すぐ全部読める電子本になりました。どうかよろしくお願いします。

おもろいやんけ 第2段
「中学部活編」発売!

bukatu_hyoshi100_100.jpg

おもろいやんけ 第1段
「少年サッカー編」好評発売中!

おもろいやんけ少年サッカー編表紙


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

配信

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。