「おもろいやんけ」にご訪問いただきありがとうございます。
本ブログは、以下に移行いたしましたので、よろしくお願いします。
   http://omoroi.eishin-net.com/
以後、新しい記事は、そちらに掲載させていただきます。


目 次
 本ブログは、通常のブログのように順を追って読むと、恐らく混乱し、わけのわからないことになってしまいます。
 すべての記事は、下の目次で整理されています。
目次でご興味のわいたところを探していただけると、少しは読みやすくなると思います。

   ■少年サッカー編 目次へ     ■中学部活サッカー編 目次へ
   ■サッカー番外編 目次へ     ■かまたりの回想編 目次へ
   ■かまたりブログ編 目次へ    ■かまたりのおすすめ編 目次へ
   ■かまたりのたわごと編 目次へ ■かまたりの妄想編 目次へ
   ■小中学生の勉強編 目次へ

 作者プロフィール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読みたい方・おもしろかったと思っていただいた方は、
下のバナーをクリックしてください。
ninki

おもしろショップ「ユーイング」|-----|スポンサー広告||TOP↑
■もう一つの8時18分 第19話「兄妹」

仕方なく、早めに退社することにした。帰りにスーパーに寄り、自然に兄の好きなものを選んでいた。そして鯛の刺身とキリンの缶ビール、そして日本酒の鬼ごろしを買って部屋の鍵を開けようとしたとき
 「おい…」
 突然の声に飛び上がりそうにびっくりして振りかえると、兄だった。
 「びっ、びっくりした、悲鳴上げるところだったわよ、兄ちゃん警察行きだよ、もう…どうしたの?」
「いや、意外に早く会議終わってな、こんな時間になってしまった」
「ご飯まだでしょう?」
「ああ、腹減った」

部屋に入ると、和雄は、勝手に佐代子の部屋の冷蔵庫を開け、缶ビールを出して、歩きながらぐいぐい飲み始めた。
 ソファーに座るころには、缶は空になっていた。
「ああ、うめえ~」

「はい、こっちの方がいいんでしょう?」佐代子は、そう言いながら、買ってきたキリンの1リットル缶とグラスを置いた。

「お~サンキュ」和雄は、そう言いながら、グラスになみなみとビールを注いでぐいぐい飲みだした。

「ふ~、やっぱキリンだ」満足そうに和雄は言った。

「ちょっと、これつまんでて、すぐ何かつくるから」佐代子は、鯛の刺身を皿に移し、箸と一緒に出した。
「いいねえ~」和雄は満足そうに表情だった。

「テレビ見る?ここにリモコンあるから」佐代子は、キッチンから和雄に声をかけた。

「ああ…」和雄は、テレビをつけてニュースを見ていた。しばらくじっと画面を見て、吐き捨てるように言った。
「ふざけやがって…酒がまずくなら」
ニュースでは、耐震強度偽造事件の報道がなされていた。

「兄ちゃん、できたよ」佐代子は、料理をテーブルに並べて、ソファーにいる兄を呼んだ。
「お、そうか…テレビ見たかよ、ふざけてるよな」

 佐代子はちらっとテレビの方を見て
「ああ、あれね、サイテーよね」
「ああ、人間のすることじゃねえ」

「ねえ、こっちにする?」佐代子は、鬼ごろしを出した。
「お、いいねぇ、これ飲んだら、そっちにするか」苦虫をかみつぶしたような表情が急に明るくなった。

「お前の飯はほんと、うまいよな、だからいつも、下手な飲み屋に行かないでまっすぐここに来ちまうんだよ」佐代子のつくった料理に舌鼓を打ちながら、和雄は佐代子に言った。

「ねえ、もったいないでしょう、こんないい女」

「料理は最高だが、おっぱいがな~小さい」

「知らないくせに」
「いや、俺は知っている」
「あれから成長したんだわ」

「どれ…」と、和雄は佐代子の胸元を見た。
「バカ、何やってんのよ、スケベおやじ」

「あれ~ほんとじゃん、何か入れてると思ってた」
「なに、見ていたわけ?信じられない…ちょっと奥手だったのよ」

「お前、彼氏はできたか?」
「エッ…」兄のふいの攻撃に一瞬佐代子がたじろいだ。

「ウッソー、お前、男できたのか?」そう言って、和雄は冷の鬼ごろしを一気に空けた。
「そうか…そりゃよかった。で、どんなヤツだ」

ちょっとした空白ができた。和雄は、この空白で何かを感じ取った。
下を向いていた。佐代子が口を開いた。
「まだね、片思い…」
「で、どんなヤツだ」和雄は繰り返した。

佐代子は、今までのことを兄に話し出した。
「おう、それで、なに、お前、待ち伏せしたわけか?」
「うん、バカでしょう?」
「いや、やるじゃないか、さすが俺の妹だ。ハハハ」和雄は豪快に笑った。

「笑い事じゃないんだけど…わたしにとっては」
「すまん、すまん、いや、うれしくてな、サヨがそこまでやるんだ、よっほどいい男なんだろうな」和雄は、本当にうれしそうだった。自分で手酌で酒を注ぎ、飲み始めた。

「煮詰まってんのよ、今」佐代子は、兄の酒を取って自分のグラスに注ぎながら言った。
「いや、それでいいんじゃないか、一時の浮かれていた時期が過ぎて、これから本番じゃないのか」

「これからか、そうかもしれないね、どうすれば進むのかな」グラスの酒を一口飲んで佐代子が

 時間がたち、酒も回ってきた佐代子は、事の次第を詳細に話し出した。ずっと相づちを打ちながら聞いていた和雄が静かに言った。

「古いかもしれんけど、縁のものは、自然が一番いいように思う、無理することはないと思うな、縁だよ。自然に何かが起こるし、自然に何かをしてしまうんじゃないのかな、焦る必要はないよ」

 佐代子は、和雄の言葉に少し驚いた。イケイケの兄ちゃんが、マジに「縁」なんて言うなんて…。真面目に考えてくれた兄に感謝した。

「ありがとう、兄ちゃん」

続きを読みたい方・おもしろかったと思っていただいた方は、
下のバナーをクリックしてください。
ninki

おもしろショップ「ユーイング」|06-06|妄想編コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック

お気に入りに追加

★新 着★

プロフィール

おもろいやんけが本に!

「おもろいやんけ」が、今すぐ全部読める電子本になりました。どうかよろしくお願いします。

おもろいやんけ 第2段
「中学部活編」発売!

bukatu_hyoshi100_100.jpg

おもろいやんけ 第1段
「少年サッカー編」好評発売中!

おもろいやんけ少年サッカー編表紙


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

配信

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。