「おもろいやんけ」にご訪問いただきありがとうございます。
本ブログは、以下に移行いたしましたので、よろしくお願いします。
   http://omoroi.eishin-net.com/
以後、新しい記事は、そちらに掲載させていただきます。


目 次
 本ブログは、通常のブログのように順を追って読むと、恐らく混乱し、わけのわからないことになってしまいます。
 すべての記事は、下の目次で整理されています。
目次でご興味のわいたところを探していただけると、少しは読みやすくなると思います。

   ■少年サッカー編 目次へ     ■中学部活サッカー編 目次へ
   ■サッカー番外編 目次へ     ■かまたりの回想編 目次へ
   ■かまたりブログ編 目次へ    ■かまたりのおすすめ編 目次へ
   ■かまたりのたわごと編 目次へ ■かまたりの妄想編 目次へ
   ■小中学生の勉強編 目次へ

 作者プロフィール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読みたい方・おもしろかったと思っていただいた方は、
下のバナーをクリックしてください。
ninki

おもしろショップ「ユーイング」|-----|スポンサー広告||TOP↑
■もう一つの8時18分 第23話「迎撃準備」

 「いっけな~い」枕元にある携帯で時間を見た佐代子は、飛び起きた。いつもより15分寝過ごしてしまった。
 「彼…」とっさに頭に浮かんだのは、今日、逢える彼に逢えなくなることだった。

 急いで支度をして、駅に向かった。いつもより2本遅い列車に揺られ、自己嫌悪に陥っていた。
「どうして、今日、寝過ごすかな~バカだよね」

案の定、彼には逢えなかった。当然と言えば、当然。

「彼…ひょっとして心配してくれてるかな?」
こんな考えが浮かぶ自分がおもしろかった。

 受け付けの準備をしていると、映子が飛んできた。
受け付けの手前で走るのをやめ、息を切らせながら、早足でやってくる映子に
佐代子「どうしたの?そんなに急いで」

映 子「ねえ、今日、彼に会った?」

佐代子「寝過ごしちゃって…バカでしょう」

映 子「あ、そうなんだ。ふぅ~、いい情報なんだけど、買う?」

佐代子「何それ?」

映 子「買う?安くしておくわよ…ね」映子は、まだ息が苦しい様子だった。

佐代子「ちょちょっとこっちへ来て」

佐代子は、受け付けの後輩たちから離れるように、受け付けの裏に映子を連れていった。映子は、佐代子の両肩に手をかけて言った。
「彼、今日、うちの会社に来るよ」

佐代子「え~ぇぇホント?」

映 子「ナレッジテクノロジーが、大きな仕事の打ち合わせに来るのよ、私、もっと早く予定表をチェックしておけばよかった。1週間も前にわかっていたのよ、ごめんね」

佐代子「ううん、いいの。それで…」

映 子「うちのハイテク部門の佐伯部長のところでね、新しいシステムの開発をナレッジに委託するみたいなのよ」

佐代子「佐伯部長…また、強力な相手ね」

映 子「それがね、佐伯部長が、ご指名らしいの、ナレッジを。それでさ、担当者にちょっと聞いてみたのよ、向こうの担当はどたなですかって、そうしたら、名刺見せてくれたさ、あったの田嶋卓って」

佐代子「一人で?」

映 子「部長さんと課長さんの二人を連れてくるみたい」

佐代子「どうしよう、知らん顔できないし…」

映 子「もう、ここは見切り発車しかないんじゃない」

佐代子「というと、彼がハンカチのことをわかってくれたってこと?」

映 子「そうよ」

佐代子「でも、上司2人と来るんだから…何もなかったような顔するでしょう、ふつう」

映 子「多分ね、それで続きは明日の朝かな」

佐代子「でも、万が一ということもあるわよね」

映 子「そうよ。だって、サヨがここの受け付けだって、気づいてないんでしょう?」

佐代子「多分ねというか、きっとわかってないと思う」

映 子「じゃあ、こっちは思いっきりアピールのチャンスだよ」

佐代子「そうよね、一応大会社の受付嬢だもんね」

映 子「一応ね…でも、あんた言うようになったわね」

佐代子「冷静な判断をしたまで…で、何時?」

映 子「午後1時30分」

佐代子「1時半か、私、午後は受け付けじゃないのよ」

映 子「こんなチャンスないよ、何とかしな」

佐代子「う~ん、わかった動いてみるね。ありがとう」

映子は、佐代子の返事を聞いて、さっさと自分の部署に戻っていった。

佐代子は、すぐさま、今日の受け付け予定表に目を通した。
午後、午後…ユキちゃんね、サッちゃん、ヨシコね。う~ん、名簿の名前を見て、しばらく考えていた。
 ドアが開き、最初の訪問者が受け付けに来た。
 佐代子は、「ちょっとごめん、よろしくね」と後輩に一言いって、裏に回ってしまった。一番、佐代子の勝手を聞いてくれそうな、サッちゃんに電話を入れた。
「受け付けの池上です。佐藤さんお願いします。」
「はい、佐藤です。先輩なんですか?」
「悪い…お願いあるんだ。」
「なんでしょう?」
「午後の受付かわってくれない、明日の午前と」
「明日の午前ですか…ちょっと待ってくださいね」
ほんの1分ほどして
「いいですよ、ちょっと予定動かしましたけど、何とかなります」
「ありがとう、サチ」と言って佐代子は電話を切った。
表に戻ってきた佐代子に、後輩が「サヨ先輩、何かあったんですか?」
「うん、ちょっとね、かわってもらったから、私午後もやるから」
「はい、わかりました」と後輩は、もう一人の後輩に伝えていた。

 さ~て、午後一番か…どうしよう

続きを読みたい方・おもしろかったと思っていただいた方は、
下のバナーをクリックしてください。
ninki

おもしろショップ「ユーイング」|06-20|妄想編コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック

お気に入りに追加

★新 着★

プロフィール

おもろいやんけが本に!

「おもろいやんけ」が、今すぐ全部読める電子本になりました。どうかよろしくお願いします。

おもろいやんけ 第2段
「中学部活編」発売!

bukatu_hyoshi100_100.jpg

おもろいやんけ 第1段
「少年サッカー編」好評発売中!

おもろいやんけ少年サッカー編表紙


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

配信

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。