「おもろいやんけ」にご訪問いただきありがとうございます。
本ブログは、以下に移行いたしましたので、よろしくお願いします。
   http://omoroi.eishin-net.com/
以後、新しい記事は、そちらに掲載させていただきます。


目 次
 本ブログは、通常のブログのように順を追って読むと、恐らく混乱し、わけのわからないことになってしまいます。
 すべての記事は、下の目次で整理されています。
目次でご興味のわいたところを探していただけると、少しは読みやすくなると思います。

   ■少年サッカー編 目次へ     ■中学部活サッカー編 目次へ
   ■サッカー番外編 目次へ     ■かまたりの回想編 目次へ
   ■かまたりブログ編 目次へ    ■かまたりのおすすめ編 目次へ
   ■かまたりのたわごと編 目次へ ■かまたりの妄想編 目次へ
   ■小中学生の勉強編 目次へ

 作者プロフィール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読みたい方・おもしろかったと思っていただいた方は、
下のバナーをクリックしてください。
ninki

おもしろショップ「ユーイング」|-----|スポンサー広告||TOP↑
■もう一つの8時18分 第26話「勝負」

 受付の時計が1時15分を回った。

 佐代子は、意を決した。両脇の後輩に言った。
「ごめん、そろそろナレッジさんがお見えになるはずなの、情報開発第2部から話が通っているから、私がご案内しますから、よろしくね。」
「はい、了解しました」
「はい」二人の後輩たちは、よくあるVIP待遇だと理解し、そのまま業務を続けた。

 そして、ロビーのドアに三人の男性が向かってきた…佐代子はじっとその三人を目で追っていた。

 一人の男性が二人を振り返りながら何か言って、こちらに駆けてくる。

 彼、彼が来る。

 ドアが開き、彼がスタスタとこちらに来る。一歩、一歩近づいてくる。内ポケットに右手を入れ、名刺入れを取り出した。写真のこま送りのように、佐代子の目に焼き付いていく。

 心臓が高鳴った。肩で息をしているのがわかる。佐代子は、周りにわからないように、下を向いて深呼吸をした。

 そして、いつもより凛々しく、そして彼への気持ちを込めた表情で、真っすぐ彼の方を向いた。

「これが、私の人生で最高の表情…勝負」
佐代子は心の中でつぶやいた。

 彼が、名刺入から名刺を取り出しながら、少しずつ顔を上げる。

 そして
 「ナレッジテクノロジーの田嶋と申し…」言いながら、佐代子を見た瞬間…彼は凍った。

 佐代子は、わざと彼の表情を無視して、いつものように
「少々お待ち下さい」と卓の名刺を確認して、情報開発第2部長 佐伯冴子にアポの確認をした。

 「708にお通ししてください」佐伯部長の指示を聞き、
「7階、エレベーター降りて左側にございます708会議室でお待ちくださいませ。担当の者がすぐに参ります。」佐代子は、にこやかに応対した。

 すると、じっと佐代子を見詰めたまま、彼の口がゆっくり開いた

「あ、あの~」

 
「さあ、勝負よ、私をどうしたいの?…お願い」


 佐代子は願った。

続きを読みたい方・おもしろかったと思っていただいた方は、
下のバナーをクリックしてください。
ninki

おもしろショップ「ユーイング」|06-27|妄想編コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック

お気に入りに追加

★新 着★

プロフィール

おもろいやんけが本に!

「おもろいやんけ」が、今すぐ全部読める電子本になりました。どうかよろしくお願いします。

おもろいやんけ 第2段
「中学部活編」発売!

bukatu_hyoshi100_100.jpg

おもろいやんけ 第1段
「少年サッカー編」好評発売中!

おもろいやんけ少年サッカー編表紙


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

配信

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。