「おもろいやんけ」にご訪問いただきありがとうございます。
本ブログは、以下に移行いたしましたので、よろしくお願いします。
   http://omoroi.eishin-net.com/
以後、新しい記事は、そちらに掲載させていただきます。


目 次
 本ブログは、通常のブログのように順を追って読むと、恐らく混乱し、わけのわからないことになってしまいます。
 すべての記事は、下の目次で整理されています。
目次でご興味のわいたところを探していただけると、少しは読みやすくなると思います。

   ■少年サッカー編 目次へ     ■中学部活サッカー編 目次へ
   ■サッカー番外編 目次へ     ■かまたりの回想編 目次へ
   ■かまたりブログ編 目次へ    ■かまたりのおすすめ編 目次へ
   ■かまたりのたわごと編 目次へ ■かまたりの妄想編 目次へ
   ■小中学生の勉強編 目次へ

 作者プロフィール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読みたい方・おもしろかったと思っていただいた方は、
下のバナーをクリックしてください。
ninki

おもしろショップ「ユーイング」|-----|スポンサー広告||TOP↑
■もう一つの8時18分 第28話「オフレコ」

 一見「清純恋愛ドラマ」に映った、この一連の流れ…何も知らない周りには、男性側の完全勝利!と映った。

 そして無数の視線は、彼への強烈な嫉妬と変わり、次の瞬間一斉に消えた。
 訪れた会社の受付嬢に一目惚れ、いきなり小学生の朗読のようなデートの誘い、これがまた純朴な青年を演出してしまった。それに対して、にこやかな佐代子の対応…今どき絶対に見られない完璧な「清純恋愛ドラマ」と映った。

「うまいことやりやがって…」周りの空気は言っていた。

 彼と一緒に来た二人の上司は、さっさとエレベーターの方へ向かった。そして彼も、名刺を大事に持ちながら、佐代子に向かってペコっと頭を下げて、二人の後を追っていった。

 佐代子の足がプルプルと震え出した。喉が乾き、自分の顔が熱くなっていくのがわかった。両脇の後輩たちは、佐代子への気遣いからか、何も言わずに、既に前を向いて来客の応対をしていた。

「ご、ごめん、ちょっとお願いできる?」佐代子は後輩に一言言うと、洗面所に向かった。
 鏡の前に立った佐代子に、しゃがみ込みたくなるほどの疲労感が全身を襲ってきた。下を向き、じっと蛇口から流れ出る水の流れを見詰め
「うまくいったのよね?あれでいいのよね?」
「そうよ…完璧よ。最高の私よね」
「笑顔だったかしら、こわばってなかったかな?」
「電話…くれるかな?」
「ふ~とにかく、しっかりして戻らないと、また彼が来るものね」
佐代子はやっと鏡の中の自分を見ることができた。肩の力を抜いて、大きく深呼吸をして、受付に戻った。

 来客が多い午後の初めの時間が過ぎ来客も切れた。
「ねえ…」佐代子は、両側の後輩二人に声をかけた。二人は、佐代子の方を向いた。
「あのさ~さっきのことなんだけど…ごめん、オフレコってことで」
「了解!」と一人は、ニヤとしながら冷静に応じてくれた。
「先輩、私、感激しちゃいました。自分がドキドキしちゃって…」もう一人の子は、まだかなり興奮しているようだった。
「だ・か・ら、オフレコね」佐代子は、唇に人差し指を当てて小声で言った。
「あ、すみません、わたしったら…はい、わかりました」もう一人も承諾してくれた。

しばらく業務を続けていると、受付に電話が入った。
「先輩、橋専務がお呼びだそうです」
「はい、何かしら?…じゃあ、ちょっとお願いね」佐代子は、専務の部屋に向かった。
「サヨちゃん、悪い悪い、わし急に葬儀があってな、今日の予定すまんが、そういうことでキャンセルしてくれるかい」黒のネクタイを締めながら橋が言った。
「ご葬儀は、どちら様ですか?」佐代子は、もし橋の親戚ならば社内の手配をと思って尋ねた。
「いやいや、取引先の関係だよ、細かいことは、さっき総務の方に話をつけたるから」
「申しわけありませんでした。」
「いやいや、受付だと聞いたからね、電話に出た子に頼んだんじゃ」
「では、予定は、私の方で処理させていただきますが…」
「うん、適当にやっておいてくれるかい」
「はい、承知いたしました」

要件を済まし、受付に戻ると
「先輩、残念…さっき、彼氏帰っちゃいましたよ」
「こっちの方ちらちら見てましたよ」
「あら、そう…だから、オフレコね」佐代子は、内心ほっとした。
「は~い」と声をそろえて言う、後輩が少しかわいく思えた。

 佐代子は、自分の携帯をちらっと見た。

続きを読みたい方・おもしろかったと思っていただいた方は、
下のバナーをクリックしてください。
ninki

おもしろショップ「ユーイング」|06-29|妄想編コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック

お気に入りに追加

★新 着★

プロフィール

おもろいやんけが本に!

「おもろいやんけ」が、今すぐ全部読める電子本になりました。どうかよろしくお願いします。

おもろいやんけ 第2段
「中学部活編」発売!

bukatu_hyoshi100_100.jpg

おもろいやんけ 第1段
「少年サッカー編」好評発売中!

おもろいやんけ少年サッカー編表紙


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

配信

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。