「おもろいやんけ」にご訪問いただきありがとうございます。
本ブログは、以下に移行いたしましたので、よろしくお願いします。
   http://omoroi.eishin-net.com/
以後、新しい記事は、そちらに掲載させていただきます。


目 次
 本ブログは、通常のブログのように順を追って読むと、恐らく混乱し、わけのわからないことになってしまいます。
 すべての記事は、下の目次で整理されています。
目次でご興味のわいたところを探していただけると、少しは読みやすくなると思います。

   ■少年サッカー編 目次へ     ■中学部活サッカー編 目次へ
   ■サッカー番外編 目次へ     ■かまたりの回想編 目次へ
   ■かまたりブログ編 目次へ    ■かまたりのおすすめ編 目次へ
   ■かまたりのたわごと編 目次へ ■かまたりの妄想編 目次へ
   ■小中学生の勉強編 目次へ

 作者プロフィール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読みたい方・おもしろかったと思っていただいた方は、
下のバナーをクリックしてください。
ninki

おもしろショップ「ユーイング」|-----|スポンサー広告||TOP↑
■青春の探検部「最弱の瀬」

 朝食のおじやを食いながら、小歩危の講義を先輩から聞いていた。大先輩、どうも朝が苦手、よって朝は機嫌が悪い。
「ハシモト…まずい」と吐き捨てるように言われた。人がせっかく…テキトーに作ったおじやを、バチが当たればいいんだなんて思った。20060817175708.gif
 うちの探検部の名物、朝5秒おじや、夕べ残った飯に、水を足して粉末のみそ汁をぶっかけて、「ハイ、できあがり、どうぞ、召し上がれ!」そんなものうまいわけがないのだ。おっと誤解があっては困るので言っておくが、みそ汁のはうまいんだ、ただ…俺が下手だっただけ…ね。

「ちょっと味噌が足りなかったですねぇ、すみません」と素直に謝るところが、俺らしい。
大先輩、朝が弱いのは、きっとチェンマイで3カ月も自堕落な生活を送っていたからなんだと、勝手に想像していた。

大先輩の講義が始まった。
「小歩危は落差がある、ちょっと斜めに落ちると、そのままボートがグニャとなって横向く、瀬に近いヤツが落ちるパターン」
俺たちは真剣に聞いた。ワクワクするような、ドキドキするような…不思議な気分だった。

さらに大先輩が続けた
「岩が左右にある、初めから避けるためにどっちに寄りすぎても、後の岩に激突する。ギリギリを通って、オールで岩を突きながらすり抜けるようにする。」
なんか、だんだん技術的な話で格好いい話になってきた。大先輩がこと細かに技術的な話をするなんて…なかったなあ~今まで。

「あ~まずかった」一言いわないと気が済まないのか、この大先輩…。
テントをたたみ、装備をボートに積み込み、全員がボートに乗った。

「さあ、行こケ~」大先輩のかけ声とともに、俺がボートを押した。ボートは川の流れに乗った。昨日より、少し水かさが多いような気がする。俺の気のせいか?

 しばらくすると、先輩の言っていた鉄橋が見えてきた。通称「鉄橋の瀬」に近づいてきた。無言の4人に少なからず緊張が高まってきた。
 ぐっと、川が曲がりだした。右カーブを描いている瀬、どんどんボートのスピードが増す。水は左岸に寄っていく、もちろんボートもそっちに引っ張られる。その中で舵が切れるようにするためには、推力をつけ前進する必要があった。前の2人は…それでも、まだ余裕の表情で漕いでいた。舵を切り、どんどん狭く、急流になっていく流れの真ん中をねらって舵を切る。20060817175259.jpg
 見えてきた、前方に川が真っ白になっているところ…瀬だ
待っていたかのように、ソノダが大声を上げた。「セー、セー、前方に瀬」
ソノダの声に
「オーシ」俺たち3人が声を返す。さあ来たで~このために、ずっと練習してきた。昨日の大歩危まで訓練させられた。やったろうやないか!

「ザ~」水音がどんどんでかくなってくる。
 来るぞ、来るぞ…ぐっと水が盛り上がっている、その向こうはただ泡で真っ白にしか見えない。落差がかなりあるようだ。
 俺はただボートを真っすぐにする。そのことだけに集中した。
「行くでぇ~」大先輩の大声の奇声が聞こえた。
「オォォォー」と、自然に腹の底から出てくる自分たちの声、その大声ですら水音でかき消されてしまうほどだった。

と、同時にボートは瀬に真っ正面から突っ込んだ。ザァ~ザァ~ザァ~ザァ~ザァ~もう水音しか聞こえない。
 ボートは、真っ逆さまに落ちるような形で突っ込んだ。前の2人が前に落ちていくように俺には見えた。俺たち2人は反対にグッと上に持ち上げられ、オールと体でバランスを取りながら、全員が後ろに精いっぱい重心をかける。

 次の瞬間、水中に突っ込んだボートの前の部分が浮力で頭をもたげ、グンと前方がバウンドするように激しく浮く。みんなこのバウンドで振り落とされないように、ボートにつけられた足かけにグッと力を入れて体を固定し、腰を浮かしてバランスをとる。

 ここの瀬は二段になっていた。一つ目の瀬を過ごすときに、やはり流れのために若干右に向いてしまったボートを立て直すために左バックの俺は懸命にオールでバックに入れた。グッと方向を修正しながら、何とかうまく突入したと思った…。

 しかし、グッとブレーキを掛けたような重さを感じた、ボートが川底の浅い岩に底をすっていた。まずい…俺の真下を中心にボートは流れに押されグッグッと回転を始めた。
「前、漕げ、ハシモト岩を突け!脱出せぇ~」大先輩の大声で、俺はオールで川底の岩を渾身の力で押した。見ると大先輩も俺の方の川底を必死に押していた。グッグッ…とボートが回りながら流れに乗って進み出す。

…まずいボートが流れに対してどんどん斜めになっていく、このまま突っ込めば
…確実に転覆


「ボケッ、ハシモト、何してんのど、突け、もっと突かんかい!」
「はぁ~い」必死だった。オールを脇に抱え、棒高跳びのようにして、全体重をオールにかけた。もう自分の体が半分浮いていた。それでも足りないのか?…チクショー!
「ウォー!」大声を出して足とボートを固定してあるバンドを思いっきり引っ張った。杖にしたオールを支点に、足の甲でボートを引っ張り上げたような格好になった。

 グッググググ…ボートは岩から脱した。
 すかさず大先輩、舵を切りボートを立て直すべく、全力でバックに入れた。ボートは頭を流れの方に向けながら瀬に突っ込んだ。

 半立ち状態で突っ込んだ俺はバランスを崩して、ぶさいくにも、前のめりになり、オールを持ったまま、ボートの真ん中に積んである装備に頭から突っ込んでいった。足の固定バンドも外れ、体が固定できない。ボートの中で転がりながら、必死に装備に片手でつかまった。ドーンという衝撃があって体が一瞬浮いた…頭から水をかぶり、上を向いたときには、既に瀬を無事パスしていた。

「ハシモト、ハシモト、つかまれ」大先輩が手を出してくれた。見ると、前の二人も片手で俺の手や服をしっかり握ってくれていた。俺はすぐに、起き上がり、固定バンドに足を通し、ボートの自分の位置につくことができた。

「ハァハァハァハァハァハァ…すみません…」俺の口から自然に出た

「ちょっと休憩や」大先輩の声に、流れの緩い場所に向かった。
「ハシモト、大丈夫か?」前のソノダが、振り返って心配そうに尋ねた。
「…あかん…俺、もういかれると思もた…ビビッた」と俺
「よう、やった、オールでボート引き上げたヤツ見たことないわ…ハハハ!」大先輩が褒めてくれた?20060817180728.gif
「信じられへんしネェ~、もうアカン思ったしネ、ハシモトは後ろから飛んできやがるし、お前、俺の背中にしこたま頭突き食らわしたしネェ」と2年生が笑いながら後ろを振り返った。
「え?うそでしょう?」と俺
「アホ、お前はヘルメットかぶってるし、痛ないんや、滅茶苦茶痛かったしネェ」と2年生

そして、めいめいポケットの中のビニール袋に入れてあるたばこにつけた。
「ふ~」みんなうまそうにたばこを吸っていた。

「さすが、小歩危最弱の瀬やな」大先輩が言った。

…ほんまかよ



続きを読みたい方・おもしろかったと思っていただいた方は、
下のバナーをクリックしてください。
ninki

おもしろショップ「ユーイング」|08-17|ブログ編コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック

お気に入りに追加

★新 着★

プロフィール

おもろいやんけが本に!

「おもろいやんけ」が、今すぐ全部読める電子本になりました。どうかよろしくお願いします。

おもろいやんけ 第2段
「中学部活編」発売!

bukatu_hyoshi100_100.jpg

おもろいやんけ 第1段
「少年サッカー編」好評発売中!

おもろいやんけ少年サッカー編表紙


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

配信

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。