「おもろいやんけ」にご訪問いただきありがとうございます。
本ブログは、以下に移行いたしましたので、よろしくお願いします。
   http://omoroi.eishin-net.com/
以後、新しい記事は、そちらに掲載させていただきます。


目 次
 本ブログは、通常のブログのように順を追って読むと、恐らく混乱し、わけのわからないことになってしまいます。
 すべての記事は、下の目次で整理されています。
目次でご興味のわいたところを探していただけると、少しは読みやすくなると思います。

   ■少年サッカー編 目次へ     ■中学部活サッカー編 目次へ
   ■サッカー番外編 目次へ     ■かまたりの回想編 目次へ
   ■かまたりブログ編 目次へ    ■かまたりのおすすめ編 目次へ
   ■かまたりのたわごと編 目次へ ■かまたりの妄想編 目次へ
   ■小中学生の勉強編 目次へ

 作者プロフィール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読みたい方・おもしろかったと思っていただいた方は、
下のバナーをクリックしてください。
ninki

おもしろショップ「ユーイング」|-----|スポンサー広告||TOP↑
■夏は下田2
下田浜1

 夏は下田、我が家族、長男が3歳の頃から毎年行っていた恒例の夏の行事だった。

 2泊3日、年とともにだんだんその時間が長く感じるようになり、やっぱ年ですかね?
海に入る時間も年々短くなり、ひなたぼっこのカメオヤジ状態…。

 昔、若い頃、よくテレビに出てきますね、海外のバカンスの映像、グラサンをかけた、おやじとおばちゃんが、ビーチパラソルの下で、ジュースかコーラなんか横において、サマーベッドに横たわってひなたぼっこ
あれを見て「何やってんだろう、せっかく海に来て、泳げよ」なんて思っていたわけだ。でも、ある年からあのカメおやじ状態になっていた。

時折、前を通り過ぎるギャルなどをビールを飲みながら、ちらちらとサングラス越しに見る
これがまた楽しい♪♪
「見てなんになるに?」そんな野暮なことを言ってはいけないのです。
このために、6時間かけて下田に来る、この情熱、これこそが大切なのです。

このギャル観察、年によって、ある意味では当たり、ある意味では外れの年があるわけですよ。これがまた人生ですね。

 ある年、どうしても日程が取れず、日曜日に出発したことがあった。これが大正解、いつも死ぬほど渋滞している道路、道路がすべてフリーパスをもらった特権階級のごとく、走る走る、止まるのは信号だけ、あっという間に、と言っても5時間かけて下田に到着。
 そして、帰りにしても、同様で5時間15分という、かつてない記録を樹立してしまいました。早いねぇ~♪
今は新しい道路もできて、実はもっと早く着くんですよね。

 楽勝で下田に到着…しかし、この日曜出発、よくない点もあるのです。
 やっとついた下田の某浜、土日でも人が少なくて、海がきれいで、波が結構あって、ボディーボードなどをするにはとてもいいこの浜は、俺が東京の会社にいたころに偶然見つけた浜です。この話は前にしました。

 どこもここも人だけけのときに、ここだけはすいていた。そのときもやっぱりそうなんです。人は少ない。
そして、日曜日の午後、月曜日などは人はいない…いないんです。
自分が遊ぶならともかく…いないんですよ…ギャルが、ビキニが…。
下田浜2

そうそう、ある年
 俺が、もう結構でかくなったうちのガキと一緒に、ボディーボードをやっていたときのこと。

 少し沖まで行って…というか、もうこの先に行くと危険というブイのぎりぎりまでいくわけです。下田のその浜の隣はサーフィンの浜なので、それは結構おもしろい波が来る。

 素人の俺とガキどもの3人は、サーファーの真似をして、ボードに腹這いになったまま、小さな波を乗り過ごして、デカイ波をじっと待つ…そんなことも覚えたわけだ。

 すると沖の方から、海面がうわ~と盛り上がってきた。
「オッ、来たか?」
そう思って、ガキども二人を見ると、もうやる気満々で準備している。
じゃあ、俺も一緒に行くか、とガキどもに合図をする。
ボディボード1
 盛り上がった波がどんどんデカくなって、近づいてくる。浜の左から右に押し寄せるデカイ波にどんどんサーファーたちが乗っていく。乗った途端に、沈(チン)しているのが結構いる。

 さあ、来たでぇ…両手を使って、全力で前に進む、波をボードでつかまえようとできるだけ前に重心をかける。ぐ~んとボードが浮き上がったとき、上体を上げ、バランスを取りながらボードを下に向ける。

 やった!スパッと乗れた。チラッと見ると、長男も次男も行ってんじゃん!
おっ我ながらうまく乗ったなと思った瞬間、本気になっちゃうんだよね、これが…いい年してね。

 もうガキどもより少しでも長く格好よく乗る…そんな意地を張りながら、バァーと波とともに走ってきたわけよ…そして、浜に到着!
 我ながらうまく乗れた!

と、そのとき…
ウエットスーツに身を包み、本格的な格好をしたおっさん、と言っても俺より若く見えたが
「うまい、うまい、すごいよ、どこかでやっているんですか?」と見ず知らずの俺に握手を求めてくるではないですか

僕も返事に困って、まさか「池でやっている」なんて冗談も言えずに、ただ「ハハハ…」などと、まぬけな返事をしていた。

するとそこへ波の途中で沈(チン)して、ボードを引っ張りながら浜から上がって来た息子2人が見ていたらしく
「だれ、あの人?」
「とうちゃんほめられていたね」…やりましたねぇ~格好いいでしょう?
いや~子どもにほめられるのって本当に気分がいい。

その年はもう1つうれしいことがあった。
やっぱり波に乗って遊んでいたが、そろそろ休憩と我がバラソルのある陣地まで戻ってきたとき、
 2歳ぐらいかな?また人形のようにかわいい女の子が、俺のところに歩いてきて
「あたしね、かいがら集めたの」と話しかけてくれるではないですか。
 女の子のいない俺としては、うれしかったね、めちゃくちゃかわいんだよ、その子、本当にかわいい子でね
「そう、いっぱいあったの」なんてその子に言ってたら、少し後ろの方でイスに座っていたその子のお母さんに、ニコッなんてされてしまった…そのお母さんがまたどえらい美人で、親子でおそろいのビキニ…おっと、ここらでやめておこう

 まあまあ、我が家の1年に1回の夏のイベントはかのような行事であり、俺、ひとり健全ではないが、あとはいたって健全な夏を過ごしたわけであります。

 息子二人が大学生と高校生となった今、ある意味、俺自身が楽しみにしていた夏のイベントは幕を閉じた。

また、いつか下田に行きたいと思っている。でも、行くならやっぱ…夏だよね。ククク



続きを読みたい方・おもしろかったと思っていただいた方は、
下のバナーをクリックしてください。
ninki

おもしろショップ「ユーイング」|08-24|ブログ編コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック

お気に入りに追加

★新 着★

プロフィール

おもろいやんけが本に!

「おもろいやんけ」が、今すぐ全部読める電子本になりました。どうかよろしくお願いします。

おもろいやんけ 第2段
「中学部活編」発売!

bukatu_hyoshi100_100.jpg

おもろいやんけ 第1段
「少年サッカー編」好評発売中!

おもろいやんけ少年サッカー編表紙


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

配信

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。