「おもろいやんけ」にご訪問いただきありがとうございます。
本ブログは、以下に移行いたしましたので、よろしくお願いします。
   http://omoroi.eishin-net.com/
以後、新しい記事は、そちらに掲載させていただきます。


目 次
 本ブログは、通常のブログのように順を追って読むと、恐らく混乱し、わけのわからないことになってしまいます。
 すべての記事は、下の目次で整理されています。
目次でご興味のわいたところを探していただけると、少しは読みやすくなると思います。

   ■少年サッカー編 目次へ     ■中学部活サッカー編 目次へ
   ■サッカー番外編 目次へ     ■かまたりの回想編 目次へ
   ■かまたりブログ編 目次へ    ■かまたりのおすすめ編 目次へ
   ■かまたりのたわごと編 目次へ ■かまたりの妄想編 目次へ
   ■小中学生の勉強編 目次へ

 作者プロフィール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読みたい方・おもしろかったと思っていただいた方は、
下のバナーをクリックしてください。
ninki

おもしろショップ「ユーイング」|-----|スポンサー広告||TOP↑
■青春の探検部「さすが…タコ先輩」

 大先輩いわく、小歩危最弱の瀬と言われる「鉄橋の瀬」をなんとか越えた。

 興奮さめやらぬ中、ゆっくりとはしていられなかった。川の流れが山をぐるっと左に巻き、視界が広がったとたん、次の瀬が既に目前に迫っていた。
 右側に大きな岩が出ている。そしてなんと、瀬の中央右側にも岩がある。これをよけていかないと、今度はえらいことになりそうだ。
 ソノダの「瀬発見、岩発見」の声に俺たちは大声で反応し、突入に備える。
「中央右側の岩を避けて少し左側をいく」大先輩の指示が飛んだ。
「了解!」残り3人が答える。

 カーブしてきた流れに乗って、ボートは川の右側に流されていた。コースを修正すべく舵を切り、ボートの頭を瀬中央に向ける。前の2人とともに懸命にオールで漕ぎ、コース取りするが、流れがどんどん速くなり、間に合うか微妙な状態、何とか真ん中を越さないと…。

「漕げ、もっと漕げ、このまま横向いて入ったら、あの岩にゴツンやぞ」大先輩がさらに怒鳴る。
20060825141905.jpg

 言われなくても、全員がそんなこと承知していた。轟音とともに、川の流れを砕くあの岩が、化け物のように見えた。だが、漕いでも漕いでもどんどん流される。まずい、このままでは左側に行くまでに瀬に突入してしまう。

「ハシモト、立てろ!」大先輩が言った。
もう、間に合わない。ボートを真っすぐ立てろ、このまま岩に近くなっても、ボートを真っすぐにする方が安全という判断だった。
「は~い!」大声で答えながら、俺がオールをバックに入れた。同時に、大先輩がぐんぐん前に漕ぐ、ボートはグッグっと流れに対して真っすぐに向いてくれた。

「さあ~いくで~!」
 ボートは、どんどん加速していく、ダダダ…と流れていくすごいスピードで突き進む、爽快だった。
「ホ~ウ!」ジェットコースター気分で声が上がる。
そして、そのまま引きずり込まれるように、滝のような瀬に突っ込んでいった。グッとボートの先端が下に落ち、水しぶきが飛びちり、ザッ~と水がボートに入ってくる。冷たい川の水が日光で乾いた体にザブッとかかる、一瞬息がとまる。バックの二人は上にグンと突き上げられるように持ち上げら、上体をぐっと立てて、バランスをとる。たった数十センチの落差の滝が、こんなにスリリングとは…滝を越えた。
 さあ、このままスーと流れに乗っていく…一瞬ほっとしたしか瞬間20060825143315.jpg
 ボートはグググッといきなり右に回り出そうとする。懸命に漕ぎ、立て直そうとするが、右側の岩の周りのうずが引っ張っていた。脱出しなければ、このままボートが横を向いてしまうと滝の餌食になる。飲まれてしまう…。
 4人がとにかく懸命に前に、前に漕いだ。
「オールを合わせろ!」大先輩の指示に
「オ~イ、オ~イ、オ~イ…」ひとかきごとに全員が大声を出して、オールの漕ぎを合わせる。まるでレガッタのようだ。ジリ、ジリとボートはうずから離れ、主流の方に進む。
「行け、行け、行け…ハァハァ」みんなの息が上がり出す
すると、フッと軽くなったような気がした。ボートはスーと進み出した。無事、うずを抜け、流れに乗ることができた。
肩で大きく息をする4人、しんどい、滅茶苦茶しんどい…。
 川は大きく右に曲がり、ゆったりした流れとなった。

さて、おきまりのたばこタイム兼、水だし作業だ。
 クタクタになりながら、ヘルメットで水をかい出す。相当の水が入っていた。あれだけきれいに突っ込んだのに、それでもこれだけの水が入ってくるんだ…変に感心してしまった。

「なあ…おもろいけ?」大先輩が突然、俺に話しかけてきた。
「むちゃくちゃおもろいですよ」と興奮さめやらぬ俺
「もう帰るしネェ」と、吐き捨てるように2年生
「さっき頭から落ちるかなおもったわい」と真っ黒な顔に白い歯を見せているソノダ
「そやけど…うまいこといったな~」と大先輩
「そうなんですか?」と俺
「前来たとき、ここでいってもうたんや」と大先輩
「先輩がですか?」とソノダ
「タコがオール流しやがってな、ほんまにオール3本では出られへんがな~…のう、タコ…」
「……違うしね、あれは事故やしね」と2年生のタコ?

だらだらしゃべりながら、風景を楽しみ、俺たちはわいわいと楽しんでいた。
「さて、ここらで飯にするか」大先輩
岸にボートをつけ、すべてのものを岸に上げて、昼飯の準備だ。
「イテテテテ…」
岸に上がって、足腰がかなりきつくなっていることに気がついた。興奮しながら、下っているときには、ほとんど気にもとめなかったが、腕にもかなりきていた。
「鍛え方が足りんのぉ~」と2年生
クッソ~やっぱ、体力は全然向こうの方が上だった。なんだかんだと言っても、前でずっと漕ぎ続けている割には平然とたばこをくわえているところが、すごい。
一緒に前で漕いでいる、怪力1年ソノダも、さすがに半分くたばっているというのに…ちょっと悔しくなった。
「先輩、体痛いことないんですか?」
「お前らみたいなヘナヘナ違うしネェ~」と2年
「さすが、タコ先輩、体がやわい」と俺
「コ~ン…」響くいい音がした。

 次の瞬間、俺の目から光が出た。
笑いながら、人の頭をヘルメットで殴るタコ先輩は…やはりすごい。



続きを読みたい方・おもしろかったと思っていただいた方は、
下のバナーをクリックしてください。
ninki

おもしろショップ「ユーイング」|08-25|回想編コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック

お気に入りに追加

★新 着★

プロフィール

おもろいやんけが本に!

「おもろいやんけ」が、今すぐ全部読める電子本になりました。どうかよろしくお願いします。

おもろいやんけ 第2段
「中学部活編」発売!

bukatu_hyoshi100_100.jpg

おもろいやんけ 第1段
「少年サッカー編」好評発売中!

おもろいやんけ少年サッカー編表紙


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

配信

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。