「おもろいやんけ」にご訪問いただきありがとうございます。
本ブログは、以下に移行いたしましたので、よろしくお願いします。
   http://omoroi.eishin-net.com/
以後、新しい記事は、そちらに掲載させていただきます。


目 次
 本ブログは、通常のブログのように順を追って読むと、恐らく混乱し、わけのわからないことになってしまいます。
 すべての記事は、下の目次で整理されています。
目次でご興味のわいたところを探していただけると、少しは読みやすくなると思います。

   ■少年サッカー編 目次へ     ■中学部活サッカー編 目次へ
   ■サッカー番外編 目次へ     ■かまたりの回想編 目次へ
   ■かまたりブログ編 目次へ    ■かまたりのおすすめ編 目次へ
   ■かまたりのたわごと編 目次へ ■かまたりの妄想編 目次へ
   ■小中学生の勉強編 目次へ

 作者プロフィール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読みたい方・おもしろかったと思っていただいた方は、
下のバナーをクリックしてください。
ninki

おもしろショップ「ユーイング」|-----|スポンサー広告||TOP↑

■補欠

あるサイトのコメントに

「補欠だから、違うチームに行かせる」という親のコメントがあった。
なるほど…と思った。

うちの長男ナオトが、小学5年生の始めのころだった。

ナオトは補欠だった。
試合開始の時間になり、レギュラー11人が本部席前に整列し、一例して、ピッチの真ん中に敵チームと2列に並んで進んでいく。会場からは、拍手とかけ声が飛ぶ…

「頑張れ!」「しっかり~」

そのとき、ナオトを含め補欠の選手たちは、全員の水筒やタオル、その他必要なものを両手いっぱいに持って、ベンチを設置しにいく。

チームは、そこそこ強かった。

一緒に練習している友が、活躍する。
守り、ボールを前線に出すバック陣
バック陣から受け取ったボールを、ドリブルしながら上がっていくミッドフィルダー
声を出しながら、ゴール前に走り込もうとしているフォワード

「格好いい」のだ。
とっても格好いいのだ。

それをベンチで懸命に応援している、ベンチ陣
試合が終わり、勝利の喜びに一緒になって飛び上がるナオトたちベンチ陣

親たちも、隣の親と握手をし、

「いや~危なかったですねぇ~」とほほえんでいる。

しかし…補欠の親の心には、何かが残る。
どうしても、満面笑みのもろ手を上げての大喜びにはなれない。



サッカーだろうが、野球だろうが、強いチームに入ると、なんだかんだ言っても、多くの試合に勝つことができる。
 試合に勝つ、これほど親も子供もも沸き上がることはない。
試合の帰りには、車の中でああだ、こうだと試合を振り返り、勝利の味をもう一度味わうこともできる。
勝つことができるチームに所属しているというだけで、子どもたちも親たちもかなり大きな満足が得られる。

 だが、当然だが、強いチームに入ると、そこには激しいレギュラー争いがあり、そうやすやすとは試合に出ることはできない。

 長男は、5年生の前半まで補欠だった。
 周りの人は

 「ベンチの子たちがいてくれるから試合ができるのよ、試合にも出られないのに、本当に頑張ってくれて…」と感謝の言葉を言ってくれる。ありがとう言葉だった。

だが、そんな優しい言葉をかけられても、俺は、納得はできなかった。

長男はベンチで一生懸命応援していた。けなげな姿だった。
だが、奴も自分の今の位置に満足はしていなかった。
その証拠に、たまに勝ちが決まった試合の後半残り5分ほど、監督の「出してやろう」の温かい配慮でピッチに立ったとき、奴の表情は弾けていた。
悔しさを表には出さず、それなりに努力していたんだろう。

奴が、補欠ということは、つまり俺は補欠の親だった。

悔しかった…俺が悔しかった。自分自身が補欠であるより、息子が補欠であるということはもっと悔しい思いをするんだと、そのとき知った。

 強いチームにいればいるほど、友の活躍が目覚ましく、自分がそこに入れない、幾ら誇らしげに同じユニフォームを着ていても、所詮試合に出ることはできないのだ。

 自分より上手な奴がいる。ずっとデカイ奴がいる。補欠もそれはそれ勝負の世界、いたし方のないことだ。レギュラーがいれば必ずサポートする補欠が必要になる。

 だが、レギュラーを諦めてはいけない。

卒業するまで、チームを離れるまで、レギュラーを目指して頑張るべきだ。

その努力が、きっと実を結ぶときがある。


それは、5年後かもしれない、10年後かもしれない
…ひょっとして明日かもしれないからだ


親は、そのサポートをすべきなのだ。
自分は、この子のために何ができるのだろうと考えるべきだ。
「もっと一生懸命やれ」
「シュートを入れろ」
「もっと走れ」
そんな抽象的な、意味のない、口出しは子どもにとっては、アドバイスどころか、うるさい文句としか受け取れない。

他のチームに移る、補欠のままその位置にあまんじる…だれも非難はできない。そしてそれを決めるのは、その親子の自由だ。
 だが…


 考えよう

   この子のために、何ができるのだろうと

 


続きを読みたい方・おもしろかったと思っていただいた方は、
下のバナーをクリックしてください。
ninki

おもしろショップ「ユーイング」|09-05|少年サッカー番外編コメント(4)TOP↑
この記事にコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
From:  * 2016/09/11 17:13 *  * [Edit] *  top↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
From:  * 2013/09/09 18:15 *  * [Edit] *  top↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
From:  * 2010/06/23 04:18 *  * [Edit] *  top↑
補欠の親
かまたりさん、初めまして
私の息子は小4です。サッカーは本人が好きでやっているのですが、補欠とレギュラーの当落線上にある感じで、練習試合など、今日は出られるんだろうか?などと冷や冷やして観戦しています。
「補欠だから、違うチームに行く」…私の住んでいるところは、田舎でして地域には一つしかチームはありません。そんなぜいたくなことは言えない状況なんですよ。
ガンバルしかないですよね
貴重なお話、ありがとうございました
From: おやじA * 2007/10/18 11:06 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック

お気に入りに追加

★新 着★

プロフィール

おもろいやんけが本に!

「おもろいやんけ」が、今すぐ全部読める電子本になりました。どうかよろしくお願いします。

おもろいやんけ 第2段
「中学部活編」発売!

bukatu_hyoshi100_100.jpg

おもろいやんけ 第1段
「少年サッカー編」好評発売中!

おもろいやんけ少年サッカー編表紙


QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

配信

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。